【2020】第43回日本アカデミー賞授賞式の詳細はこちらから!無料視聴も!

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
日本アカデミー賞,キングダム,新聞記者,授賞式,受賞作品,受賞者,一覧,話題賞,菅田将暉,予想,上映会,放送,優秀賞,発表 U-NEXT
この記事は約4分で読めます。

第43回日本アカデミー賞授賞式

2020年3月6日に行われた第43回日本アカデミー賞授賞式は、中国武漢で発生したコロナウィルスの影響により、無観客で開催されました。

こんな事態は初めてですが、ウィルスの感染力・被害を考えると当然の対応と考えるべきでしょうね。

受賞作品・受賞者の一覧は次の通りです。

2020年3月6日 第43回日本アカデミー賞受賞作品・受賞者一覧

■最優秀作品賞    「新聞記者」
■最優秀アニメーション作品賞    「天気の子」
■最優秀監督賞    武内英樹「翔んで埼玉」
■最優秀脚本賞    徳永友一「翔んで埼玉」
■最優秀主演男優賞    松坂桃李「新聞記者」
■最優秀主演女優賞    シム・ウンギョン「新聞記者」
■最優秀助演男優賞    吉沢 亮「キングダム」
■最優秀助演女優賞    長澤まさみ「キングダム」
■最優秀撮影賞    河津太郎「キングダム」
■最優秀照明賞    ※該当なし
■最優秀音楽賞    RADWIMPS「天気の子」
■最優秀美術賞    斎藤岩男「キングダム」
■最優秀録音賞    久連石由文「蜜蜂と遠雷」
■最優秀編集賞    河村信二「翔んで埼玉」
■最優秀外国作品賞    「ジョーカー」
■新人俳優賞    岸井ゆきの「愛がなんだ」
黒島結菜「カツベン!」
吉岡里帆「見えない目撃者」「パラレルワールド・ラブストーリー」
鈴鹿央士「蜜蜂と遠雷」
森崎ウィン「蜜蜂と遠雷」
横浜流星「愛唄 ―約束のナクヒト―」「いなくなれ、群青」「チア男子!!」

第43回日本アカデミー賞話題賞は?

第43回日本アカデミー賞作品部門は、「決算!忠臣蔵」でした。
そして、俳優部門は「引っ越し大名!」から星野源さんでした。

ジャンル的に似たような作品から選ばれました。

<決算!忠臣蔵>
監督・脚本:中村義洋
製作会社:松竹/吉本興業/ハピネット/電通/朝日新聞社/イオンエンターテイメント

俳優部門 星野源 「引っ越し大名!」
監督:犬童一心
脚本:土橋章宏
製作会社:松竹/テレビ東京/木下グループ/博報堂/イオンエンターテイメント/ホリプロ/松竹ブロードキャスティング/キングレコード/朝日新聞社/BSテレ東/テレビ大阪/コロナワールド

第43回日本アカデミー賞予想

もともと事前の予想では、他の国内の映画賞などで非常に高い評価を受けていた「蜜蜂と遠雷(東宝)」が有力視されていました。
しかし、権力に対する批判を描いた「新聞記者」が最優秀作品賞を受賞しました。
日本アカデミー賞は、独立系の配給会社は不利と見られていましたが、東宝などの大手を押さえ、みごとに受賞することができました。

第43回日本アカデミー賞優秀賞受賞作品上映会

2020年3月6日日本アカデミー賞授賞式を前に、T・ジョイ PRINCE 品川で優秀作品賞に選出された5作品の上映会が開催されました。

現在、受賞作品はすでに決まっていますので、これらの作品はビデオレンタルショップや動画配信サイトで見ることができます。

特にU-NEXTでは、最優秀作品賞の「新聞記者」や出演者が多く受賞した「キングダム」などを配信しています。
中でも私がおすすめなのは「飛んで埼玉」
「飛んで埼玉」はこちらでも紹介していますので、気になる人はこちらの記事も参考にしてください

フィルムコレクション
フィルムコレクション
https://film-collection.work/2020/02/05/tondesaitama/
動画配信サービスの情報サイト

第43回日本アカデミー賞授賞作品 まとめ

今年もいろんな作品・俳優の活躍がありました。
菅田将暉さんのインタビューも話題になっていますし、あらためて受賞作品を見てみようと思います。
U-NEXTでは、今なら無料トライアルキャンペーンを31日間もやっているので見放題作品が無料で、そして600円分の視聴ポイントがもらえるので「新聞記者」や「キングダム」も無料で見ることができます。

U-NEXTが気に入ればそのまま登録をつづけて、31日間の無料トライアル期間で自分に合わないと思ったらトライアル期間中に解約すれば自己負担なしで見ることができます。

コロナウィルスの影響で外出機会がグッと減ってしまったあなたにとって、一服の清涼剤となる体験を今すぐこちらからどうぞ⇒U-NEXT

コメント