なぜあの人の言葉は心にしみるのか?映画に学ぶ人心掌握術3つの秘訣

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
なぜあの人の言葉は心にしみるのか?映画に学ぶ人心掌握術3つの秘訣 U-NEXT
この記事は約3分で読めます。

「あの人の話はとてもよく分かる」

「同じことを話していても、話す人によって面白さが全然違う」

「Aさんの話は聞きたくなるけど、Bさんの話は聞く気にならない」

仕事をしていると、人の話を聞く機会はとても多いですよね。

でも、同じ話でも影響力は話す人によって全然違います。自分が話をする時に、だれも聞いてくれなかったらとても残念な気持ちになりますよね。

ビジネス書ではそのためのハウツーが山ほど出ていますが、なかなか難しい内容だったりします。
そんな難しいスキルをもっと簡単に自分の中に取り込みたいっ、とは思いませんか?

実は意外と簡単な方法があるんです。
それは映画を見ること。
ただそれだけなんです。

「そんな訳ないでしょ?」
と、疑っているあなた。この記事を読んでみてください。そしてもし、少しでもあなたの心に引っかかるものがあればそれを実践してくださいね。

人の心をグッとつかんで離さない、そんな方法について映画から学んでいきたいと思います。

人心掌握術その1 シンプルな言葉を使う

映画は時間が限られています。だから無駄なものは一切ない。映画では映像化されない部分の設定などもありますが、それでさえ意味があります。すべてが説明できるものとして存在しています。
そして、さまざまな設定から出演者が表現する言葉が抽出されていきます。限られた時間のなかでの表現なので、その内容は分かりやすく意味のあるものばかりです。
つまり、見る側の心に届く言葉ばかりが並んでいます。
なぜこのシーンでこの言葉なのか、それを考えるだけで十分効果があります。その考える癖は普段の生活や仕事の中であなたが選ぶ言葉にも影響を与えてくれます。

人心掌握術その2 言うべきことを言うエネルギーを学ぶ

普段の生活を穏便に過ごそうとしていると、ついつい言わないといけないことも言わずに済まそうとすることはないでしょうか?
映画はさまざまな立場の人間が出てきます。そしてさまざまな言葉のやり取りを行います。
時にはきつい言い方をしたり、人に対しての判断を下す場面が出てきます。普段そのような状況がない人もいると思いますが、映画の中でそのような状況を見ることで、自分の疑似体験として取り入れることができ、自分も必要な判断を迫られた時の後押し材料となってくれます。
何事にもやさしさだけではうまくいかないことを教えてくれます。

人心掌握術その3 一貫したストーリー

人前で話をしていて、内容があっちこっちに分散すると聞いていて非常に苦痛です。やはり起承転結なりで話の一貫性が保たれている必要があります。
そうでなければ話の理解が追い付かず、聞いていて非常に疲労感を感じます。人によっては聞くのをやめてしまうかもしれません。
その問題に対して、映画がどのように良いのか、ということですが、それはストーリー性です。

映画はクライマックスに向けて、様々なストーリーが同時進行で進んでいきます。
映画を見ている時に、その映画を要点をしぼって4コマ漫画のように起承転結にしてみましょう。
あなたが、なぜそれを言いたいのか、そのことの現状はどうなっているのか、今後私たちが何をしていくべきなのか、ということなどをストーリー仕立てで話を進めていくことが理想です。

映画に学ぶ人心掌握術3つの秘訣 まとめ

いかがだったでしょうか?
この記事では、映画に学ぶ人心掌握術について書きました。通常の人心掌握術とは異なり、より実践的で具体的な内容になったと思います。今晩は好きな映画を見て、そしてこの記事でまとめた内容を当てはめてみてはいかがでしょうか?

映画を楽しみながら自分のスキルアップができるこの方法を一度試してみてくださいね。



 

コメント