なぜ隣の家はおしゃれなのか?映画に学ぶたった4つのインテリア術

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
なぜ隣の家はおしゃれなのか?映画に学ぶたった4つのインテリア術 U-NEXT
この記事は約5分で読めます。

「片付けたつもりなんだけど、片付けたように見えない。」

「テレビや映画みたいにキレイでおしゃれな部屋にしたい、、、でもどうやって??」

そんな風に思うことはありませんか?

そして、

・自分の家は片付けたつもりでも、なんかあの家とはちょっと違う

・片付けたところが汚く見えてしまう

と思うこともありますよね。

この記事では、映画から分かるおしゃれなインテリア術を紹介します。

おしゃれに見せるポイントはたったの4つ。

とっても簡単なので、これなら今からでも実践できそうです。

ではさっそく見ていきましょう。

映画に学ぶインテリア術1 「ゼロベースで考える」

テレビドラマを観ていて、部屋や場所の違和感を覚えることはないですか?

例えば、
「会社員がどうしてこんないい部屋に住めるんだよっ!」

と、ツッコミを入れたくなることもあります。
でも、映画ではそんなことは感じることはほとんどありません。

また、自分の部屋も見まわしてみてください。
部屋に置いてあるモノひとつひとつが、本当にそこにある必要がありますか?

片付けても片付けたように見えない、そんな時は、モノの置き方にあります。

その理由として、「細部へのこだわり」があります。

予算によって違いますが、映画ではこの細部へのこだわりが徹底的に行われるんです。
だから違和感を感じることはほとんどありません。

では自分の家に置き換えた時、どのようにしていったらいいでしょうか?

それは、ゼロベース思考です。
でもいきなりゼロベース、と言われても分からないですよね。
難しい言葉ですが、一つずつやっていけば簡単!

手順を分けてみていきましょう。

手順1 頭の中で部屋のモノをすべてなくす

まず、片付けたい部屋の全体が見渡せるところに立ちましょう。
そして、頭の中でその部屋のモノをすべてなくしてみてください。

細かいモノだけじゃなく、棚や机など大きなモノもすべてなくしましょう。

手順2 無くなったら死んでしまうモノを置きましょう

そのモノ自体がないと死んでしまうモノ。そんな言い方をすると大げさですよね。
でも、無くなったら生活が成り立たないモノを置きましょう。

例えば、水分や食事に関するモノですね。
コップや食器なんかもそうですね。

手順3 無くなっても死なないけど、そこにあったほうがいいモノを置きましょう

無くなったら死んでしまわないけど、できたらそこに置いておきたいモノ、というのもありますね。
その部屋を彩るようなインテリアとか、お土産の飾りとか、あなたが置きたいモノを置いてください。

手順4 それ以外は片付けましょう

手順1から3までのモノで出てこなかったモノは、実はあなたの生活にそんなに必要ではないのかもしれません。
いろいろな思い入れのあるものもあるとは思いますが、ここは思い切って片付けてしまいましょう。
必要なければ捨ててしまうほうがいいかも(^^♪

時には断捨離も必要ですね。

映画に学ぶインテリア術2 「テーマを決める」

インテリア術1では、インテリアの必要性と優先順位を決めました。

次は、あなたの好きなテーマを決めていきます。
片付けができない、という人の場合、多くは何かのテーマがないことが多いです。

たとえば、アンティークショップに行った時の居心地の良さってありますよね。
ほかにも、マニアの人の家ってモノは多いですが、全体的な統一感を感じることがあります。

優先順位を決めることにもつながりますが、ひとつの大きなテーマがあって、その中で優先順位が決まっていくと全体的な統一感を持たせることができます。
そして、その統一感が出てくると、多少の散らばりがあってもキレイに見えてしまいます。

映画に学ぶインテリア術3 「循環させる」

生活をしていると、いらないモノ、必要なモノ、が次から次へ増えていきます。
部屋の中で常に置いておくモノが決まってくれば、あとはこの増えていくモノへの対処です。

特に大切なのは、いらないモノへの対処ですね(+o+)
一度で捨てられないモノは分けて捨てていきます。
粗大ごみに出さないといけないようなモノでも、小分けにしていくと燃えるゴミで捨てることができるモノもあります。

たとえば、段ボール。
置いておくだけでも結構存在感がありますが、段ボールが捨てられる日が決まっている自治体もあるので、なかなか捨てられずに困ることがあります。
そんな時は、段ボールを小分けに切って燃えるゴミで捨ててしまいましょう。

映画に学ぶインテリア術4 「美的感覚を養う」

最後は、あなたの感性を養いましょう。
あなたの好きな映画はありませんか?

私が美的感覚を養うのにおススメなのが、「英国王のスピーチ」です。
U-NEXTでは、無料トライアルキャンペーンをやっていて、英国王のスピーチは見放題作品になっているので、無料登録をすると、今すぐ観ることができます。

映画の中の色使いや、モノの置き方など、とっても勉強になるし、なにより映画そのものがとっても面白いので、何度でも観ることができます。
とてもお得なのでもう一度言いますが、無料トライアルキャンペーンをやっているので、今すぐ手元のスマホで観ることができますよ。

映画に学ぶたった4つのインテリア術 まとめ

この記事では、映画に学ぶインテリア術を書いていきました。
片付けも楽しみながら勉強していくのが一番です。
そしてあなた自身の美的センスを養うことで、片付け以外にも役に立てていきましょう。

映画を観るなら、U-NEXTがおすすめです。
コンテンツが13万本以上あるので、「ないエンタメがない」

ぜひ一度チェックしてみてください。
公式サイトはこちら⇒U-NEXT

コメント